311から4年。④ ある種の瀬戸際。〔2015-03-11 Come on by! 英語ガレージ!

311から4年。④ ある種の瀬戸際。
2015-03-11 14:29:35
テーマ:ブログ・コラム
http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12000190527.html





みんなを代表して受難する主婦・黒木睦子さんをフォロー・応援しよう!
https://twitter.com/mutsukuroki
黒木さん関連・当ブログ記事一覧。
http://ameblo.jp/eigo-garage/themeentrylist-10086091643.html
黒木さん関連・リンク集(随時追加)
http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11962049706.html
=====


この記事には、賛否きわどい考え方もあるかも知れない。
けど書いてくね。


=====


厳粛に、あえて言う。

Happy 311!
三・一一おめでとう!

僕たちにこの日のことを刻印して未来につなげるための一言が、これ以外に思い浮かばない。
311で亡くなった方々のためのお盆だ。
入院中だった僕の父親も、311が心臓に響いたらしく2日後に他界した。

https://twitter.com/EG_Hiroshi/status/575513492461060097


=====


前回アップした『311から4年。』の3連記事。
 
①放射能の影響。 http://amba.to/1E3z7yG
②続・放射能の影響。 http://amba.to/1E3zc5r
③ガンになる前に・なった後に。 http://amba.to/1E3zkSu
 
書いていて僕自身もつらかった。
繰り返しになるけれど、僕はお気楽でいる。
でも、自分以外の人たちにも同じでいろっていうのは無理がある。

僕はずっと東京にいて死んでも後悔しないつもり。
むしろ、なにも決めつけないけれど、少なくとも今は、東京のほかにいる場所が考えられない。
そういう直感みたいなものがある。
だから、お金があって移住先があったとしても、僕は東京にいることを選ぶ。

でも、この先、今までの生活を続けてきたことを後悔する人たちがたくさん出てくると思う。
我が身のために後悔する人たちが普通にいるはずだ。
お子さんをお持ちの方々の後悔なんて、きっと計り知れないぐらいのものだ。

だから自分で書いてて本当につらかったし、前回の3連記事では、なんとか希望ある話題を最後にもってきたつもり。

でも。
言ってたくもないけれど、放射能の影響が爆発的にでるのはこれからだ。
あえて言葉を選ぶと、地獄になるのはこれからだ。
それに呼応して、政治的・政策的にも地獄になっていくはず。

そういった意味で、今このときは、ある種の瀬戸際だと思う。
311からただ4年が過ぎただけじゃなくてね。
 
観念する、移住する、予防する、対処する、超越する。
なんでもいいけれど、とにかく自分(たち)を被害者にしないことが一番だと僕は思う。
 
前回の記事を書いたあと、また別の、1年前に書いた記事のことを思い出したよ。
その内容は非現実的に思えるかも知れないけれど、できるならぜひとも考慮するとよいと思う気持ちは今も変わってない。

というわけで、その記事から引用するよ。
http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11820776786.html
『汚染3年と今後の模索』
 
=====
やばい。
命が惜しければ、今からでも逃げたほうがいいことには変わりない。
 
子どもたちに関しても、記事「この覚悟はあるか。」〔※〕で書いたように、この先はひどい苦しみ・僕たち大人への恨みを抱えることになる。
〔※ http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11802789238.html
恨みなんて、そんな感情をもつことになる彼らが気の毒だから、やっぱり安全圏に逃げるか、逃がしてやったほうがいい。
 
そうだ、できるなら。
子どもさんの年齢にもよるけれど。
 
ひとまず自分は今までどおり日本で働いて、子どもは海外留学させる、仕送りで食わす、なんて考えもアリなんじゃないかな?
子どもがまだ小さいなら、保護者になってくれる人が必要だろうから見つける、そこに仕送りを送る、とか。
 
子どもだけでも海外にやっておくことには、大きな期待値が予想できる。
 
とても近い将来に、国民大量死のときがくる。
そのとき、お子さんは留学先での「ビザ延長・就労許可の取得」ができるはず。
それどころか「永住権の取得」が許可されやすくなるはずだ。すぐにではなくてもいずれは。
日本は危険で帰れない、ってことでね。
そうなれば、親御さんなどのための「家族ビザ」発行も、絶対しやすくなる。
 
じつは現在でもすでに、どこかの国で「汚染されてる国に帰るべきじゃない」という理由で日本人のビザ延長がラクになっていた、という人情話を耳にした事がある。
 
お子さんも、「自分は被曝し続けてまで私を安全な場所に送って支えてくれた」親御さんに対して、尊敬も感謝もしきれない思いだろう。
 
それに、お子さんが―――。
現地の言語を(たとえ少しでも)身につけてる。
現地の土地勘がある、生活・文化に慣れがある。
現地の友達や知り合いがいる。
現地の教育を受けている。
こんな条件があるのは、移住先で新たな人生を始めるにあたって、かなり心強い。
 
こんなサイトがあるよ。
『海外移住の地図帳 海外移住の国選び』
http://emigration-atlas.net/
ものすごいデータベースだね。
立ち上げた管理人さん、感服のご活動だ。
=====

以上、引用。

突拍子もない話かも知れないけれど、僕はマジメに提案してる。
それぐらいの事態が起きて4年になる東日本だからね。
「少し考えてみようかな」と思う方とか、「ウチにはこの選択肢はないけど他の人たちには提案してあげよう」と思う方がいるものなら、僕としては書いた甲斐がある。

あと、こんなサイトもあったよ。
『海外移住情報』
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/
こちらの管理人さんにも敬服です。
参考にして命を救われる方、新しい生活を始める方がきっといることでしょう。

ところで。

今あなたが英語ができるかできないかの心配は必要ない。
もちろんできるに越したことはないけれど、必須じゃない。

移住先が英語圏である必要がないからね。
もっと安く暮らせるところがよいだろうし、そうなれば現地の言葉のほうがより重要になる。
繰り返しになるけれど、お子さんが先んじてその国にいることができるなら、後ほど家族が総移住するときに言語・土地勘・習慣・人脈などで非常に助かるだろう。

僕が知ってるかぎりでも、バリには311があってから日本人が増えてる。
日本からの移住者を手助けする事業をされてる方々もいる。
僕の姉ちゃんになってくれた人もバリに在住だよ。
「ヒロシちゃん、日本がやばくなったらバリにいらっしゃいね」って言ってくださってる。笑

余談ながら。
英語圏で、ナマリがキツくなくて物価がやすいところ、と言ったら。
南アフリカ共和国だね。


=====


さらに、話は変わるけれどこの際だから紹介。

Facebook で見かけたポスト。
前回の3連記事でも取り上げた、僕の出身地にお住まいの方。

=====
<首都圏の放射能汚染>
3月20日号のフライデーに!
東京ドームの高さが断トツ。
東京ディズニーランドも高いです。ここは食べて応援もしており、内部被曝もありますw
羽田も成田も…
成田が高いことは知ってましたが。
ソースは、きーこさんのブログですよ。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4137.html
=====

あと、おなじ方が、「ご近所さんからシイタケをいただいたけれど食べられない」とも書いてらっしゃった。
千葉県では過去にシイタケが出荷停止にも、とも。

さらにこんな記事も。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5811.html
『【注意】千葉県のきのこ粉末から基準値以上の放射性物質を検出!既に数袋が流通済み!消費者の通報で発覚!』

その方はさらに言う。

=====
チェルノブイリ事故から28年経って、キノコにはまだ高線量が出ます。
キノコ、タケノコにはなぜか凝縮される放射能。
でもそれを国が言わないので、私が近隣に言うと問題が大きいのです。
皆さん、事故前と同じように椎茸を栽培しています。もちろん自家用ですが。
=====

311でこの世界からシイタケはなくなった、って思うとよいかもね。
冗談じゃなく、もうこの世にないと思ったほうがよいものはたくさんある。
魚介類もそうだし、福島県もそう、首都圏もそう、それまでの暮らしもそう。

何事もなかったように過ごされる日常。
この4年間、それがあるまんまなほうが不思議なんだから。

それにしても―――。

放射性物質はキノコ・タケノコに凝縮される。
裏を返せば、自分たちの周りを除染してくれてる、ってことかな。

こういう品種を、食用でなく土壌の除染用に活用できるかな。
彼らには申し訳ないけれど、どっちにしても汚染はあるから目的を明確にして生きてもらう。

育ったあとは安全に廃棄処理されなきゃいけなくなる。
それこそ、「風の谷のナウシカ」の腐海を思わせる話でもあるけれど。

短絡的すぎるかな?
農地はムリでも家庭用のプランターとか。

ともあれ、ふと発想する・考える機会になった。


=====


最後に。

ナイスな実体験コメントをいただいたよ。
3連記事の3つめ「ガンになる前に・なった後に」の項でふれた、「体温」の重要性について。

=====
〔上記の3連記事を〕拝読しました♪ 体温あげるのってホント大事です。私は癌の精密検査で「限りなくグレイに近い白…経過観察で」という微妙な 判定が出た後、サウナやカイロで体温を上げまくったんですよね。で、数か月後、「完全白」になったんですよ!肩こり体質も改善したしハッピーです♪
=====

素晴らしいね!
これから日本では、サウナ付きの物件が人気になるかな?苦笑

ともあれ、設備さえあれば簡単なことだし、服装で体温をおぎなうのもアリだ。
上記の記事③でも言ってる「姿勢」と「呼吸」に加えて、こういう習慣ももつとよいね!

とにかく体温と発汗!
発汗って、汗が流れてる必要はないんだよ。
体温が高ければ、目に見えなくてもしっかり蒸発してるからね。
つまりは、それだけ循環・代謝・解毒もしてる、ってこと。






【癌になる国民半数を救おうぜ!】
http://amba.to/1mqHXNW  『新発見ガン治療法の認知拡大を要望しよう!』

『世界挨拶運動』 https://www.facebook.com/world.greeting.movement
Facebookを通して、世界各地から 全世界へ!

『国連にフクイチ問題解決への介入を嘆願しよう!』
http://amba.to/K8ms2T  コピペして国連に送信!


☆香取ヒロシの電子書籍 (すべて無料です)
===
≪好評! 愛の小冊子シリーズ≫
①【愛が行き渡る世の中を創る】
http://upub.jp/books/10571  競争はなくせる。「嬉しい」が満ちる社会になる。
--
②【愛があるならこの世は天国】
http://upub.jp/books/10577  現社会での立ち位置を見出す。愛を広げていく。
--
③【愛が満ちればお金が消える】 ☆新刊です!☆
https://upub.jp/books/13152  循環システムをさらに描きだす。嬉しい社会は現実のものへ。
===
【日本民族混交草】 ☆おかげさまで 3900 ダウンロード突破!☆
http://upub.jp/books/9646
日本人みんなに知ってほしい真実。
--
どれも、あなたの力・みんなの力が必要です。
拡散にご参加くださいませ!m(_"_)m